関連記事

 

83bq1d2fikg41

 

マリオシリーズに登場するクッパを思わせるほど巨大な亀の化石が南米コロンビアで発掘されました。ステュペンデミスと呼ばれるこの亀は全長3メートル体重1100キロ以上あったとされています。甲羅の頭部周辺部分には角状の突起がありました。まさにクッパですね。

尚、この化石には頭部と甲羅に巨大な噛み跡が残っていて、巨大なワニに襲われたことがわかっています。この巨大な亀を食べてしまうほどの巨大なワニがいたなんて驚きです。そのワニの化石も見てみたいところです。

化石が見つかった場所は、今ではほとんど砂漠化していますが、数百万年前は淡水の沼地で様々な生物が生息しており、カメが巨大化する完璧な環境が整っていたと研究者は解説しています。

 

引用元:
https://www.reddit.com/r/pics/comments/f2z8vi/fossils_found_of_carsized_turtles_that_once/


0000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp

 

匿 名 だ っ て 真 剣:その他のオススメ記事

 

 

1: 
クッパだ
2: 
>>1
マリオ64で見たことあるぞ

 

3: 
>>1
よくマリオカートやってるけど、この甲羅が飛んでくるたびにビビってるぜ

 

4: 
車ぐらいの大きさだな

 

5: 
そんなことより甲羅の横のおっさん、宙に浮いてるぜ。

 

6: 
>>5
浮いてません。台に乗ってます。浮いているのはカメラマンです。

 

7: 
>>5
いや、部屋全体が落ちてるから全部が浮いてるんだぜ

 

8: 
>>7
そうか、それはとてもクールだな

 

9: 
クッパというよりガメラだな

 

10: 
>>9
ガメラなら口からビームを出すはずだ

 

11: 
こういう巨大な生き物が絶滅してしまったのがとても残念です。
残ってるのはクジラだけですね。

 

12: 
恐竜が絶滅していなければ今の私たちはありません。しかし、巨大なナマケモノ、巨大なクマ、巨大なトラ、巨大なワシ、メガロドンのサメなどは、ある種のヒト科動物と共存していました。

 

13: 
巨大なカメって人間にとって危険なの?ほとんど海にいない?

 

14: 
>>13
陸ガメもいるし、君が思っているよりずっとカメは速いよ
だから危険だ

 

15: 
>>13
危険ではない大きな生き物はたくさんいました。しかし、私たちが新しい場所を発見するたびに殺してしまいました。人間は悪です。

 

16: 
>>15
巨大な生物はたくさんいた。俺が特に好きなのはメガテリウムだ。なんといっても名前がキュートだ。

メガテリウム
220px-Megatherum_DB

250px-Megatherium_americanum_complete

メガテリウム (Megatherium) は、新生代新第三紀鮮新世前記 ~ 第四紀更新世(約5白万~1万年前)ごろ、南アメリカ大陸に生息していた巨大なナマケモノの近縁属である。和名は大懶獣(だいらんじゅう、だいらいじゅう)またはオオナマケモノ。
地上性のナマケモノとしては最大級であり、成長すると全長6~8m、体重3tにもなった。この巨体、特に過大な体重のため木に登る事はせず、現生するナマケモノと異なり地上性であった。

 

17: 
俺はシロナガスクジラ一番好きだ

 

18: 
昔の生物が大きかったのは今より酸素が多いってのが理由なんだってな

 

19: 
>>18
その通りです。氷河期が来るまで大きくなり続けました。そして氷河期以降は小さな生物が増えていきました。

 

20: 
人間は大きい動物を狩って生きてきた。肉を保存するのが大変だったようだ。塩を使って保存するが、塩がかなり貴重品で、塩を巡っての争いが絶えなかった。

 

21: 
これらのカメは人間と共存できたのか?これは、世界が巨大なカメの背中で運ばれるというアメリカ先住民の創造神話の1つが証明されることになる。

 

22: 
>>21
いや、巨大なカメが発見されたからその創造神話が生まれたんだよ。

 

23: 
しかしインド人ってみんな口ひげ生やしてるよな
インドの成人男性の94%が口ひげ生やしてるんだって

 

24: 
先史時代の巨大なカメ
先史時代の巨大なカメ
先史時代の巨大なカメ
ハーフシェルの恐竜
化石の力!

 

25: 
>>24
なんだかクレイジーな奴が現れやがったな
お前はいったい何が言いたいんだ

 

26: 
ミレニアムファルコンみたいだ

 

27: 
この亀デカすぎる

 

28: 
クッパが現れた

 

29: 
横にいるのがマリオだな

 

30: 
よし、みんなでマリオカートをやろう!

1000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp

 

おすすめの記事